My Stationary

アイデアを出して文房具を開発する

メーカーなどが新しい製品を開発するときには、様々な思考を駆使していきながらアイデアを出していきます。
アイデアの内容は考え方の種類によって、異なるということがあり内容はたくさんあります。
例として、サイズによる違いや利用目的やデザインなど様々な要素で違いが存在していのです。
それは文房具においても同様で、新たな商品を作るときにおいて思考方法で浮かび上がる案が違ってきます。
文房具の利用目的や使う場面そして利用する人々など、着眼点が違うことで色々な種類を考えることができます。
すなわち、別の角度からのアプローチをすることが要因として見なすことができるということです。
新製品を開発するときには、どのような物を作るのかということが何よりも大切な項目となってきます。
そのためにも、様々な方法で思考して製品について考案をしていくことがとても重要となってきます。
文房具を作るときにもこれは適用され、あらゆる角度から新しい製品が生まれることとなっていきます。

文房具の数だけアイデアがあります

誰もが使っている文房具ですが、ちょっとしたアイデアから生まれるものも存在しています。
不満を解消してこその製品ですから開発者側の苦労ははかりしれません。
例えば、最近では消せるボールペンというものが販売されるようになりました。
普通のボールペンであれば必ず修正液やテープなどで消さなければならず、見た目が悪いというデメリットがありました。
そういったもので修正された用紙は相手方にとっても失礼なので結局書き直しになってしまうのです。
しかし、消せるボールペンであれば簡単に消しゴムで消すことができるため、鉛筆感覚で使うことが可能なのです。
このように何気なく使っている文房具でも開発者側の工夫とユーザーの声により誕生しているものありますから、よく目を凝らして見つけてみてはいかがでしょうか。
文房具の数だけそうした隠されたアイデアが存在しているといっても過言ではありません。
きっと今までの着眼点にはなかった、新たなる発見ができることでしょう。

pickup

大阪でボート免許を取る

2017/9/29 更新