My Stationary

文房具の品質とビジネスのクオリティ

文房具は私達が毎日、仕事や趣味で必ず使用するツールです。
まさしく手足の延長線上のツールであり、日常的に使う鉛筆やボールペンに拘る人々はとても多いです。
なぜならペン先の品質一つで、作業の捗り具合が劇的に変わるためです。
鉛筆などは一見どれも似た文房具に見えますが、黒鉛の品質は千差万別になります。
10円前後で買える鉛筆と150円を超える高級鉛筆では、やはり体感で分かる書き味の差が出てきます。
ビジネスの現場では、スタッフに配布する文房具を自腹に切り替え始めていますが、それは逆効果かもしれません。
社員のやる気と道具の品質は、明確に比例します。
仕事で大量に消費する文房具が自腹となれば、スタッフは自ずと最安値の低品質な鉛筆を選びます。
低品質な鉛筆では製図や事務、企画の立案などに必ずモチベーションの低下が現れます。
そのため成果を上げるビジネスの現場では、むしろ太っ腹に高品質なペンや鉛筆を企業側で用意しています。
社員はペンや高品質な製図用鉛筆が使い放題、その代わりとして上質な仕事をやり遂げる、そういったトレードオフが効果的になされています。

ビジネスの効率をぐっとあげる文房具

文房具が現在、数々の驚くような進化を遂げているのは、ご存知でしょうか。
中でもビジネス用のものは、仕事の効率を上げてくれるようなものが多いため、デジタル社会であっても重宝されています。
たとえばノートひとつとっても、デジタル用のノートや電子メモ帳、スマートフォンを利用した手書きで出来るメモ帳など、様々です。
さらにボールペンでも、セオリー通りの4色タイプのものでも書き味が抜群だったり、書いても消せるボールペンなど多種多様に存在しています。
その驚くべき進化は、もはや文房具というよりも、ビジネスにおけるオフィス用具であると言えます。
またサラリーマンが重宝する名刺入れなども、名刺だけでなくハガキやカードやメモなど、同時に収納出来るものもあります。
文房具の世界においては、デジタルとアナログとのバランスが上手く取れていることが多いため、尚更ビジネスの効率が上がる要因につながりつつあるのが、最大のメリットでもあります。

注目サイト

ホームページ制作を東京で頼む

最終更新日:2018/8/23